menu

ホーム>医療機関・薬局の受診等にあたっての留意点

医療機関・薬局の受診等にあたっての留意点

現在、休日や夜間において、軽症の患者さんの救急医療への受診が増加し、緊急性の高い重症の患者さんの治療に支障をきたすケースは発生しており、そのことが病院勤務医の負担が過重となる原因のひとつになっています。
必要な人が安心して医療が受けえられるようにするとともに、最終的には保険料や窓口負担として皆さんに負担していただく医療費を有効に活用するために、医療機関・薬局を受診等をする際には、以下のことに留意願います。

戻る