menu

ホーム>介護保険料率が改定されます

介護保険料率が改定されます

平成30年3月(4月給与控除分)から介護保険料率が改定されることになりましたのでお知らせします。

介護保険料率改定の背景

人口の高齢化に伴い、介護サービス利用者は年々増加することが見込まれ、当健保組合の40歳以上65歳未満の被保険者の負担が増えることは避けられない状況となりました。
平成29年度までは積立金を取り崩して保険料率を据え置いてきましたが、積立金も底をつき、介護保険料率を引き上げざるを得ない状況となりました。

新しい介護保険料率

平成30年3月分給与まで・・・標準報酬月額の1.35%

平成30年4月分給与から・・・標準報酬月額の1.85%

※標準報酬月額38万円の人で個人負担が月額950円増えることになります。

戻る