menu

ホーム>退職後の保険>高齢受給者

高齢受給者

高齢受給者とは

70歳以上75歳未満の方を高齢受給者といいます。 高齢受給者には、健康保険組合から対象者ごとに「高齢受給者証」を交付いたします。 高齢受給者が医療機関にかかるときは、健康保険証とともに高齢受給証を持参してください。 高齢受給証には自己負担割合が記載されていますので、記載された割合の自己負担をすることになります。

高齢受給者の負担割合

高齢受給者の負担割合は、一定以上所得者は3割でその他の人は生年月日に応じて1割または2割です。 一定所得者以上とは、夫婦で年収520万円以上、単身世帯で年収383万円以上の場合です。

高齢受給者

高齢受給者の高額療養費

1ヶ月(同じ月内)の医療費の一部負担金が高額になったとき、限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。
医療機関から健康保険組合に請求が届くのは、かかった月の約3月後になります。
高額療養費の該当者には健康保険組合からご案内いたします。

区分 一部負担 自己負担限度額
外来 外来・入院(世帯ごと)
現役並み所得者 3割 44,400円 80,100円+(医療費−267,000円)×1%
一般 2割 12,000円 44,400円
低所得 U.・市町村民税非課税者 2割 8,000円 24,600円
T・U以外で所得が一定基準以下
15,000円

●低所得U・Tの人は、「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、申し出てください。